朝8時から診療受付、京急蒲田駅から徒歩5分のよねやま歯科医院!予防歯科・定期検診・小児歯科・矯正歯科・インプラント・障害者歯科・訪問歯科・顎関節症・スポーツマウスピースいつでもご相談ください。

障害者歯科

障害者歯科


知的障害・発達障害・自閉症・ADHD・心疾患・腎疾患などの慢性疾患、うつ病・パニック障害・統合失調症等の精神疾患および要介護高年齢により、対応困難な方に対して歯科治療を行っております。



行動変容法

治療トレーニング

歯科治療に慣れるためのトレーニングを行う方法です。
ストレスを感じない行動をとり、徐々に治療へと移行していきます。

※ご本人・ご家族様へ治療の流れをご説明させていただ
 ます。





笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静器

鼻に小さなマスクを固定し、低濃度の笑気ガス(亜酸化窒素)が混ざった酸素を吸入しながら治療を行います。意識がある状態での治療となりますので、患者様自身の協力が必要です。











静脈内鎮静法

静脈から点滴をして、不安を軽減させる薬を投与したうえで治療を行います。
歯科麻酔専門医のもとで行われるので安心です。また、こちらの方法は歯科恐怖症(歯科処理そのものに対する不安・ストレスが原因となり通常の歯科治療が困難な方)の方にも適応です。



抑制法

歯科治療は鋭利な器具を狭い口の中で使いますので治療中に突然動いたり、手を出したりすることはとても危険です。歯科衛生士が、手や足を抑えさせていただき治療をさせていただいておりますが、それだけでは対応しきれない場合、抑制具を使用させていただくこと事もございます。治療を安全確実に行い処置時間も短時間で済むというメリットもございます。保護者の方には、十分ご理解いただきご協力いただきますようお願い申し上げます。

抑制法

※ネットなどは使用せず、バスタオルなどを使用して
 体動コントロールを行います
 また、金属音がしない様に紙トレーにて対応させてい
 ただきます。









ラバー製のシート

※お口の中のケガや器具や薬剤の誤飲、唾液による
 汚染を防ぐためラバー製のシートでお口を覆います。









虫歯が数多くあったり、笑気吸入鎮静法などの効果がなく治療困難な場合は、昭和大学歯科病院荏原病院での全身麻酔下での歯科治療をご紹介させていただき、その後のメンテナンスや定期検診は当院で行うことは可能です。


お問合せ・ご予約はこちら

TEL:03-3730-8148


よねやま歯科医院のご予約はこちら

トップへ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional